La Maison avec du coeur

フランスの友人夫妻が HEART&HOMEを「La maison avec du cœur」と 素敵に表現してくれました。
彼らの 私たちに対する想いに 感謝の意を込めて Blogタイトルにしました。

世界にたったひとつの家具

天蓋付きBEDで 夢のプリンセスルーム

長野県小諸市にお住い甘利さん宅  姉妹の家具大小16点の制作が終わりお届けしてきました。 搬入後組立作業があり部屋の中での完成作業です。 特にBED等は天蓋付きという事で工房で一度リハーサルして確認していますが慎重になります。

 天蓋部は将来外しても良いように脱着式に創られています。 省いていますが随所に工夫を凝らしています。

 

                            作業中に・・・・・

 

今回の制作にあたっての特徴ですが ほとんどを要望に沿って制作したという事です。 いかにして要望を形にするかが課題でデザインしていきました。

 まるでドレッサーです。 本棚の柄のあるクロスは奥様の要望で海外から取り寄せたものを張り込みました。

         左右にセッティング

       天蓋カーテン等は現在縫製中。 厚手のBEDマットもこれからです。

手塗りのペイント作業だけでたっぷり2週間かかっています。 塗って 乾燥してはサンディング また塗ってを   3~4回繰り返しています。

制作物の全部を載せることは出来ませんでしたが 他に全く別の制作物がありながらも長い時間かけていましたので解放感・・・も つかの間     お待たせしている次の制作に取り組まなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常のこと

アイアン加工

デザインした箇所で一番難しいアイアンをラウンド状に曲げる工程。 13㎜の太さの丸棒を手作業で曲げます。    簡単にはいきません。

テコの原理を応用したような工具を使い時間をかけ慎重に進めます。 金型があってプレス機で量産するのでなく あくまでもイメージのひとつとしてチャレンジ。 至難の業と言えるような手作業 簡単にはいきません。

曲げすぎて修正しても¨いびつ¨になるだけです。 イメージを先にして追うような気持ちで力加減をコントロールします。 幾つかの曲げ加工があり揃えば溶接作業になります。 

    他にもいろんな制作物がある中で思うように進まないのが課題です。

 

 

日常のこと

アイアンスタイルのTVラック

都内にお住い 坂詰宅からTVボード制作のお話。 ご希望を伺いデザインを仕上げました。 今まで数多くのTVボードを創ってきましたが今回はアイアンを用いた仕様のデザインで いつもと違った取り組みとあって完成が楽しみです。 前回のブログで15台を制作中とアップとしていますが更にプラスしての作業になっています。

     特徴になっている袴部のカット。 イメージするラインを決めるまで何度計算したことでしょう。

幅1900㎜の本体に袴部材を取付けています。 長尺のハタガネを使い圧着。

  デザインを発想する事。 何度も訪れた南仏プロヴァンスで育まれたであろう想いが形となっています。

      扉部 組み合わせ箇所をしっかり止めています。

全体的にはもう少し進んでいるのですが これからはアイアンの加工作業になっていきます。 切断・曲げ・溶接と複雑になります。 木材と金属の組み合わせとなり大変ですが面白くなっていきそうです。

 

日常のこと

15台の制作

二ヵ月前から姉妹の家具 天蓋付きベッド・机・イス・キャビネット・本棚・ローテーブル等各2台 計15台の制作に取り組んでいます。 あれこれやっていても捗るものではありません。 日中は制作作業夜は別件のデザイン作業長いトンネルの中にいるみたいな状態が続いています。 

  組立始めるとスペース的にこれまた大変になります。 暫くはこの状況が続きますが最終的にはペイント作業が控えています。 まだまだ先は長いのでした。  

 

 

 

 

 

世界にたったひとつの家具

ハンガーポール

 甲府市にお住いのSさん宅からバック・ストールなどをかけるハンガーポールの制作依頼です。 今までいろんなものを制作させて頂いており (ほとんどお任せ) 好みはわかっています。 日々忙しくしていることもあって取りかかる迄にちょっと時間かかってしまいましたがイメージがまとまり一気に制作に入ることになりました。

用材は北米産ウォルナット。 旋盤を使いイメージを追いながら削っていきます。 後の工程を考え角材の状態の時に角ノミで穴を開けておきます。 

   脚のパーツ。

       ペイント

高さ1400㎜ 安定の為下部に重心を図り上部ステーの長い部分は回転するようになっています。 エイジングを施し使い古したように仕上げるのも趣があって良いのですが控えめに仕上げています。

 

  S宅   お届けしてきました。     

 

 

 

1 2 69