La Maison avec du coeur

フランスの友人夫妻が HEART&HOMEを「La maison avec du cœur」と 素敵に表現してくれました。
彼らの 私たちに対する想いに 感謝の意を込めて Blogタイトルにしました。

世界にたったひとつの家具

ドレッサーボード完成

都内にお住い 中島さん宅のドレッサーボードが完成しました。 すでにお届け設置済みですがHPアップが後になってしまいました。 窓際に設置することもあり上部が四面ガラス張り構造のデザインになっています。 それだけに制作中の取り扱いにも慎重になります。 中でも上部のモールディング制作に一週間はかかっていると思います。 厚み 6 ㎝の用材をデザインに合わせカット。 彫り込んだり削ったりして形を創りそれを更に細かく磨き込み仕上げています。

中島さんから頂いた ¨こんな感じ¨ といったスケッチ?にラウンド状になったモールデイングが描かれていたので出来る限り忠実に創ろうとチャレンジする気持ちで挑みました。

   中央のレリーフも要望にあったものです。

 

   ペイントに入ると完成感が高まるのですが 3~4工程塗布するので簡単には終わりません。

棚板になっているガラス厚は5㎜。 周りは3㎜厚になっています。 2㎝刻みで可動出来るようになっています。

       ガラスケースになっている扉にはアレンジした鍵状のノブにしています。

        引出し部の取手

        下部扉のノブ

完成

      一般的には蝶番は正面に見えるようになっていますが あえて横位置に取り付けています。

   サイズ  /  高さ 2100㎜ × 幅 1300㎜ × 奥行き 450㎜  (モールデイング幅 1400㎜)

 

      中島宅 次に創ってもらいたいものがあるらしいです。 

 

世界にたったひとつの家具

リメイクが終わり お届けしてきました。

関西に家具のお届けに行った際 帰りに名古屋の柏本宅に寄り引き取ったのは昨年10月頃でした。  急がなくてもいいという事で他の造作の合間を見ながらのリメイク作業でしたが しばらくして柏本宅では新しいマンションに引っ越したと知らせが・・ 追加で収納庫制作の追加依頼。 一緒にお届けしなければと急遽制作時間を捻出する事になりました。

奥様の要望もあり 新たに扉・引出しを設けると共にペイントも以前と色を変え一新。 10数年前、大人になっても使えるようにのコンセプトでデザインしたもので今回のように今度はお母さまが・・・  

組み立てる作業こそありませんが金具など全部外し経年変化した箇所の改修やペイント塗布作業にかかる手間はそれ相当にありました。 こうしていつまでも大切に使って頂いているのはうれしい限りです。

 

追加で創った収納庫も一緒にお届け。

      サイズ    幅1,000㎜×高さ1,100㎜×奥行き750㎜

搬入経路の確認は事前に確認していましたが マンションのエレベーターや玄関にギリギリで入る大きさでした。

 

 

 

世界にたったひとつの家具

南仏 Provence Style の TVボード

お話があってから 完成まで時間が経ってしまいました。 創りたかったデザインでもあったせいか こだわった箇所ではどうしても時間を要することになってしまい ズルズルと・・・

         幅 1900㎜×高さ 1700㎜×奥行き 430㎜

フランス・ランド地方の海岸にナポレオン三世が防砂林として植林したのがマリタイムパイン。 用材にしています。 最初ペイントを施し サンディング。 硬い木目の部分が削られ雰囲気を醸し出します。 仕上げに亜麻仁油を塗布し磨き込みます。 経年と共に木目のコントラストが更にいい感じに。

センターは機器などを収納 仏産のガラスを使っています。 それぞれの棚板は可動式になっており 用途に合わせ設定します。 

 

 

オプションとして小ぶりのキャビネットと小物を整理するトレーも一緒に創りました。 お部屋のメインステージになることでしょう。  

世界にたったひとつの家具

天蓋付きBEDで 夢のプリンセスルーム

長野県小諸市にお住い甘利さん宅  姉妹の家具大小16点の制作が終わりお届けしてきました。 搬入後組立作業があり部屋の中での完成作業です。 特にBED等は天蓋付きという事で工房で一度リハーサルして確認していますが慎重になります。

 天蓋部は将来外しても良いように脱着式に創られています。 省いていますが随所に工夫を凝らしています。

 

                            作業中に・・・・・

 

今回の制作にあたっての特徴ですが ほとんどを要望に沿って制作したという事です。 いかにして要望を形にするかが課題でデザインしていきました。

 まるでドレッサーです。 本棚の柄のあるクロスは奥様の要望で海外から取り寄せたものを張り込みました。

         左右にセッティング

       天蓋カーテン等は現在縫製中。 厚手のBEDマットもこれからです。

手塗りのペイント作業だけでたっぷり2週間かかっています。 塗って 乾燥してはサンディング また塗ってを   3~4回繰り返しています。

制作物の全部を載せることは出来ませんでしたが 他に全く別の制作物がありながらも長い時間かけていましたので解放感・・・も つかの間     お待たせしている次の制作に取り組まなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界にたったひとつの家具

ハンガーポール

 甲府市にお住いのSさん宅からバック・ストールなどをかけるハンガーポールの制作依頼です。 今までいろんなものを制作させて頂いており (ほとんどお任せ) 好みはわかっています。 日々忙しくしていることもあって取りかかる迄にちょっと時間かかってしまいましたがイメージがまとまり一気に制作に入ることになりました。

用材は北米産ウォルナット。 旋盤を使いイメージを追いながら削っていきます。 後の工程を考え角材の状態の時に角ノミで穴を開けておきます。 

   脚のパーツ。

       ペイント

高さ1400㎜ 安定の為下部に重心を図り上部ステーの長い部分は回転するようになっています。 エイジングを施し使い古したように仕上げるのも趣があって良いのですが控えめに仕上げています。

 

  S宅   お届けしてきました。     

 

 

 

1 2 42