La Maison avec du coeur

フランスの友人夫妻が HEART&HOMEを「La maison avec du cœur」と 素敵に表現してくれました。
彼らの 私たちに対する想いに 感謝の意を込めて Blogタイトルにしました。

日常のこと

ハウス リノベーション ~ キッチンボード編

ラフデザインでは蝶番を用いた扉でしたが ボードのサイズが幅1200mmあり その扉になると制約のあるキッチンでは何かと支障をきたすのではと横スライド式に変更しています。 耐震も考え 天井との間に中途半端な空間を作らないように完成すれば高さ2300mmの外国サイズになっています。 隙間の処理をすればボード単独の倒れはありません。 電子レンジ・炊飯器を設置する関係で全体のデザインバランスをとるのに時間を費やしています。 作業の面では 蝶番を用いた扉の構造の作りと違い横スライド式になると一変して複雑になり 時間も大幅に変わってしまいます。 トップのモールディングや扉の制作には相当の時間をかけていますが デザインの大事な箇所だけに妥協はありません。

     歪みガラスを用いた扉になります。

棚板の作りは 彎曲を発生させないよう 板目で分かるようにタテ・ヨコで固めています。 手間はかかりますが いつもやっている通りです。 棚受けの構造も独自のものですが 一般的な金属のダボと違い かなりの重さに耐えます。 このような構造的な部分について以前は見せることもなかったのですが いつの間にかオープンになっています。 2㎝刻みで棚板の位置を帰られます。  

ここまでが上の部分

下部は電子レンジ・炊飯器を置くスペースと引き出し・収納部の創りになっています。 最終的には上部を合体させて完成させます。

引き出すとテーブルになり物を置けるようになっています。 引き出しにはスライドレールを用い 重いものでもスムーズに出し入れできるようにしています。 背板や細かな細工はこれからですが もう少しで完成です。 

日常のこと

思い切って 模様替え

神戸の北口宅に ダイニングセットをお届けしてから10数年がたちました。 久しぶりに受話器の向こうから聞こえた奥様の元気な声に こちらも自然と笑顔になります。 思いきって 今まで使ってきた家具たちを入れ替えようというご相談でした。 キッチンボードから始まり サイドボード・TVボード・・・ 小さなものではカトラリーケースまで。  ラフデザインを描きお送りすると歓喜に満ちた声で また お電話がありました。 次から次へとイメージをふくらませ 楽しみにしてくれている様子が手に取るように伝わってきます。

   現在 用材の下準備の真っ最中です。 

使用する用材は Maritime Pine というフランス原産のパイン。 年輪の幅が広くややあかみを帯びた大らかな風合いの材面です。

  輸入された原板で 厚さ28mm×幅160mm×長さ4000mmの無節材で国内ではほとんど流通していません。

  厚み23mmにカンナをかけた状態。 北米産のポンデロサパインに比べ硬いです。 

4~5点の制作になると その準備だけで大変です。 その後切断・組み立てになるのですが 同時進行していると 特に小さかったり細かったりするものは どこの部材なのか分からなくなってしまいそうですが 最近は訓練されたせいか問題はありません。 ほとんど任されている状態で創る側の感覚で進めています。 作業の進捗を要所要所で画像で確認して頂きながら進めますので 気持ちは共同作業です。 これから3ヶ月間は集中集中の毎日です。

※ Maritime Pine マリタイムパイン ラテン語で海岸の松。 その名の通り砂地でも良く育つ植林木で フランス・ランド地方の海岸にナポレオン三世が防砂林として植林したのが 現在のマリタイムパインの森の始まりといわれています。

日常のこと

“ 祝 ” 則本昴大投手 大記録樹立 !!

則本投手との1枚

昨年 仙台まで Babyチェストのお届けに伺った
楽天イーグルス 則本昴大投手が ついに七試合連続二桁奪三振という
日本記録を樹立しました。

TV の前で主人と共に 祈るような思いで観戦していました。
画面から伝わってくる緊張感 ……
その表情は 則本宅でにこやかに談笑していた時とは まるで違う プロの顔。

そして遂に その瞬間が ……
私たちの歓声は いうまでもありませんが 
則本投手は表情ひとつ変えず … あくまでもチームの勝利にこだわっていました。
感動で 胸が熱くなりました。

すぐに メールでお祝いを伝えましたが
返信の内容は 本当に 2人の人柄そのもののあたたかいものでした。
ひかえめで 気遣いのできる奥様と 愛娘の成長も
きっと 則本投手のメンタル面での大きな支えになっている事と思います。

次に仙台に来て頂く時は 一緒に食事でもしましょうと
おっしゃって下さった言葉どおり
又 近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしています。

本当に おめでとうございます。

日常のこと

アンティークとの出会い

それは さかのぼること 30年近くも前のお話し …….. 。

私がステンシルを学び始めたのと 時を同じくして
アンティークとの出会いがありました。

自由が丘 デポー39
今は亡き 天沼寿子さんが経営していたアンティークshopです。
そのshop の2Fがステンシルスクールになっており 月に2回 せっせと
通うたびに それまで身近でアンティークと触れあう機会のなかった私に
長い年月 使い込まれてきたそれぞれの物たちの物語をも感じさせてくれるような
ステキなアンティークの魅力を 自然のうちに教えてくれたのもデポー39でした。

家具作りを始めてから 金具やWAXの仕入れもデポーにお願いしていた時期があり
そこで担当して頂いていたのが 今は「PINE GRAIN 」のオーナーでいらっしゃる
古川さんです。

PINE GRAIN 看板

PINE GRAIN 店先

二子玉川から移転されたのは知っていたのですが
なかなか行く機会がもてずにいました。
そして今回やっと来店させて頂きました。
3階建ての建物の中には古川さんの目利きで選ばれた
ヨーロッパのアンティークたちが所狭しと置かれています。
シンプルだけれどさすがのセンスの良さでディスプレイされた
アンティークたちはどれもステキで
パーツ類もたくさんあってマルシェでの宝探しのような気分を
久々に味わいました。
それとあいまって吉本先生のドライフラワーアレンジも
PINE GRIN の世界観にぴったりで見とれてしまいました。
昔話から買い付けの苦労話しまで時を忘れて話し込んでしまいました。
デポー39 から脈々と受け継がれてきたアンティークに対する
ポリシーみたいなものが PINE GREIN にはあるような気がするのは
私だけでしょうか?

あの頃のデポーファンの方々 ….
ぜひ一度 PINE GREIN に足を運んでみて下さい。
きっと私と同じ気分になるはずです。

そしてこの日は
ブランケットBOXに合わせてシェル型の取っ手を入手してきました。

古川さん 楽しい時間を ありがとうございました。
また お顔を見に行かせて頂きます。

日常のこと

HP リニューアルします。

フランスの猫

現在のHPも 作成から早いもので10年もの月日がたちました。
その間 ブログも気まぐれ更新で月に2~3度 やっとの思いで書き上げる………
….. そんな状態でした。

時は流れ 今や SNSが主流の世の中になり
アナログ世代の私たちも “少し考え方を変えないと” と思い始めました。
スマホでは 今のHEART&HOMEのHPはとても見づらいものになっていますし
SNS対応にもなっていないので 皆さんが訪ねて来てくれないと
見られない現状です。
いろんな面をクリアし 遅くとも七月初めには新たなHPをお見せできることと
思っています。

今は 準備と打ち合わせで
夜な夜な 画像をpicupしたり 構成を考えたり・・・

より多くの方に
私たちの物作りへの想いや
どんな家具を創っているのかを知っていただく為に
頑張っています。

新しくなる HPを
楽しみに もう少しお待ち下さい。

1 2 24