La Maison avec du coeur

フランスの友人夫妻が HEART&HOMEを「La maison avec du cœur」と 素敵に表現してくれました。
彼らの 私たちに対する想いに 感謝の意を込めて Blogタイトルにしました。

日常のこと

洗面台と食器棚 制作過程

カナダに長い間暮らしていたという菊地さん。 埼玉に新居を建設中です。 洗面台は給排水設備工事などの関係で本来ハウスメーカーの仕事になるのですが デザイン的に満足するものが無いということもあり 私共に強い依頼がありました。 ハウスメーカーとの兼ね合いもあり躊躇していたのですが 熱意に腰を上げることになりました。 ブルーグレー色は希望。  洗面器・蛇口・配管工事などハウスメーカーの工程に合わせるように仕上げています。 

食器棚については新居完成後に設置する予定ですが 出来る限り新居完成と同じになるよう精力的に進めています。

幅2450㎜ 高さ2350㎜ 奥行き600㎜  3ブロックに分けて創っています。 パーツひとつひとつを手づくりしながらの工程。 ボリュームがあるだけになかなか変化が見れません。 他に三件の制作と並行していますが 感覚の切り替えが大変です。 

日常のこと

制作中の あれこれ

現在 ドレッサー・チェスト(2台)・イス・学習机セット・洗面台・サイドボード・食器棚 等を同時制作中です。 中でも圧巻なのは 高さ2350㎜×幅2450㎜の食器棚。 それぞれ要望を聞きデザインしています。 日中は制作。 夜デザインをしているのですが 同じものを創らないということでこれがまた大変。 制作作業よりもデザインを起こす方が負担が大きいですね。 これらは依頼して下さった方々に「いかがでしょうか?」と見せる為のものであり自分ではラフデザインが描き終わった時点でミリ単位で頭の中にイメージされています。

 


      ドレッサー


   学習机の天板。 ウォルナットとフレンチオークを合わせツートーンを試みています。


    イスのパーツ




     サイドボード



    洗面台

 デザインをパーツにしたときに太さ・幅・バランス等 常に完成した状態をイメージしながら準備していきます。 「世界でたったひとつの家具」  デザインはとても大切になります。 

 

日常のこと

芝浦 タワーマンションに下見に行きました

HEART&HOMEの家具に惚れ込んで ¨ここしかない!¨と 熱いメールを下さった池田さんが 高輪からレインボーブリッジにほど近い芝浦のタワーマンションへの引っ越しを機に制作依頼をして下さいました。 

その想いに答えなければと 芝浦まで足を運び実際にお部屋を見せて頂きました。 エントランスはまるでホテルのような広い吹き抜けになっており 導かれるままお部屋まで・・  大きなガラス張りのお部屋からは最高の景色が眺められます。 TVボード・キャビネット それと愛娘のためのベッド・デスク・クローゼット etc  ひとつひとつの場所を丁寧に測りながらイメージを膨らませます。

優先順位として TVボードから着手することになりました。 デザインは全てお任せで とてもやりがいのある制作になりそうです。 

日常のこと

Table & Chair

引き続き山根宅のテーブルとイスの制作です。 いくら¨お任せ¨状態とは言っても ポイントになる部分等は提案させてもらった中から選んでもらう等してデザインを仕上げています。 イスのデザインはそのままでOKでした。 

  既成の物と違い 毎回デザインし創っています。 パーツは小さいのですが手間がかかります。

  背もたれの部分を創る作業ですが いろんな工夫を用いて4脚分を機能的に揃えます。

     組み立てる前に下塗りしておくと仕上がりが綺麗です。

 

      テーブル天板は30㎜厚無垢材ですが しっかりと圧着します。 

   脚の加工 縦に4本のラインを入れていますが手作業では大変です。

   サイズ / 長さ1800㎜×奥行き800㎜×高さ730㎜   天板表面 / ウレタン塗装

 

 

日常のこと

ライティングデスク リメイク !?

随分間が空いてしまいました. ちょっとしたアクシデントがあり作業の進行が大幅に遅れることになってしまいました。

前回のカップボードリメイク同様 家具教室で制作したセパレートタイプのオープンコレクションボードの下の部分を利用してライティングデスクに出来ないかとの要望を受け持ち帰ったものの デザイン・構造的に難あり 使い勝手等を考えると 新たに創った方が手っ取り早いということになりました。 

 

     脚部….     手間がかかる所は最初のうちに手掛けておくと後がスムーズ。

     専用の金具はイギリスで見つけたもので 構造的な難問を解決してくれています。

ペイントを施し 金具を付け完成です。

     可動式になっている棚板。 金属のダボを使うのでなく 相当の重さにも問題ありません。

リメイク前の画像がなく リアルに伝わりにくいのが残念ですが…… 面影を残しつつも すっかり別物になってしまいました。 

1 2 25