La Maison avec du coeur

フランスの友人夫妻が HEART&HOMEを「La maison avec du cœur」と 素敵に表現してくれました。
彼らの 私たちに対する想いに 感謝の意を込めて Blogタイトルにしました。

日常のこと

Japanese style

八幡諏訪神社 昨年の台風19号で屋根が吹き飛んでしまいました。 修復出来る業者がなかなか見つからないで困っていた最中 地域の長老たちの集まりの中で誰となく言い出した人がいて「彼は何でも器用にこなす」と人の都合も聞かず全員一致で決めてしまった ¨仕事¨になってしまいました。「時間かかっていい」という事でしたので本来の作業の合間を見ながら取りかかりました。

取りかかる前の状態です。 下地が合板で作られていたので腐っていました。 催事の時に提灯を下げる為に使うそうです。 加工したトタンで覆うようになっているので同じ処理をする造作が大変難しいのです。 それ相当の加工道具や熟練した技能を持っていれば簡単 ? でしょうが気持ちで挑むしかありません。

長さ3200㎜ 幅460㎜のトタンシートを四隅を折り曲げる工程。 表から折り曲げたり裏にして折り曲げたりで扱いは想像以上に容易でありません。

折れた形状がシャープに仕上がるように土台角にはL型のアングルを用いています。 折シワの形跡がつかないように少しづつゴム鎚を使い3200㎜を根気強く曲げていきます。 四隅を折り曲げた長尺のトタンを移動させるのが更に大変。 前後しますがこの作業をする前には加工工程もですが現地までの運搬方法を随分模索しました。 とにかく¨パキッ¨と折れ痕が付こうものなら台無しになるので….. 考えたのが長さ3m50cmの担架を作りそれに乗せ保管・移動する方法でした。

   現地での作業。 合板でなく防腐処理した無垢材で下地を用意。

   風が無い日に用意したトタンを乗せています。 シートのかみ合わせは計算通りで¨自画自賛¨

ペンキ塗り。 ここまでになると終わったのも同然。 それまでのプロセスが大変だっただけに難なく終了です。

奥に見えるのが本堂。 450年前の建物で修復が必要な状態。 その時は… ということでしたが聞こえていませんでした。 仕事の合間とはいえ延べ5ヵ月かかりました。

 

日常のこと

修理の依頼

都内、青山にある輸入家具ショップからテーブルの修理依頼。 直径1200㎜円形のガラス天板仕様で脚の造作が独特のデザインになっているのですが横揺れがひどく あれこれと対処したものの改善出来ないことでのお話。 

底から見た脚の接合部に使っているネジクギですが 原因箇所と判断。 商品ですので最小限の傷に抑えなければなりません。

高級家具に建築に使う¨ネジクギ ?¨ まして途中で折れているではないか。 重量感たっぷりの創りになっている割には考えられない接合方法。 これでは支えることは「無理」。

  改善策として…. 20㎜の丸棒を打ち込みベースと脚を接合させる事にしました。

  クランプでしっかり密着させ楔を打ち込みます。

いろいろと試みた跡が随所にあり後処理が大変。 ゴールドペイントもジャンクな仕様になっている為に修正に手間がかかります。

  我々が創った作品ではありませんのでデザインの全体は見せていませんが横揺れは確実になくなりました。

 

 

日常のこと

ウインドウベンチスタイルキャビネット & TVボード

埼玉県入間市にお住いの星様宅からの依頼。 マイホーム建築開始と同時に ¨是非¨とお話が始まりました。大まかなイメージを伝えて頂き それをもとにデザインを起こし制作にかかっています。 窓を囲むように設置しますので寸法は自分で計測しないとダメ!  都内に出かけた折 足を延ばして工事中の現場に行き実測です。 完成すれば幅3200㎜ 高さ2350㎜ 奥行き480㎜の造作物になります。 一緒にTVボードも創ります。

             TVそのものは壁付けになりますが大きなTV。 幅は1600㎜サイズで創っています。

                          ルンバを使うために脚部は10㎝の空間を設けています。

幅900㎜ 高さ2350㎜ 右側に設置するキャビネット。 大きくなると歪み・ねじれに注意しながらの組み立てになります。 扉の取付時にその影響が顕著に表れ修正に時間を取られてしまいます。

                      ベンチ部は深い引出し構造。 スライドレールで容易に収納。

      可愛いく見せてる部分も欲しいと 希望があり….  モール部に手をかけることにしました。

仮組の状態です。 最終的にはマイホーム完成後運び込んでからの組み立てになります。  別途 扉の追加制作がありもうひと頑張りです。

 

世界にたったひとつの家具

新作 学習机

 

とっくに完成しお渡ししていたのですが やっとアップです。 デザインの全て「お任せ」でしたので結構好き勝手に創りました。 机下にキャスター付き収納boxは欲しいと娘さんからの希望。 今までの概念を入れず自分が使うものとして形にしました。 

  中央部はウォルナット 周囲はフレンチオークを使った凝った天板。 亜麻仁油を塗布して仕上げています。

       仕切り枠をスライドさせ整理できます。

       深い引出し。 スライドレールで軽々と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界にたったひとつの家具

¨ 特注 ¨ キッチンボード

都内青山のインテリアショップのオーナーからの依頼。 お客様からの直接のお話でなくためらいはあるものの受けた制作。 サイズやおおまかな仕様を聞きデザイン。 表面に大小様々なチップを貼り付けた仕上げにする要望で ショップから支給されたチップを用いています。

ベースになる箇所は無垢のパイン材 天板になる所にはホワイトアッシュを用いています。 サイズは長辺が1950㎜カウンター部が高さ1050㎜ 一番高い箇所が1550㎜ 奥行き500㎜(一部700㎜)の制作物ですが 問題は搬入時の建物の構造。 重さだけではなく狭そうな階段を3階まで運ぶと聞き これは無理だと判断して途中で2分割の構造で創るようにしています。 一体で創る方が良いに決まっていますが仕方ありません。 このモザイク状態を2分割にして創りお客様宅で一体化するプロセス。 とても困難に思えますが ・・・・。

リビング側から見えるところに収納箇所があり扉を付けます。

扉はプッシュ式になっており取手が無いので正面からは収納箇所がわかりません。 完成の状態になっていますが 搬入の際には2つに分けます。 どこで分割しているのかわからない創りですが こうした未完成の状態で搬入してお届け先で完成させる事も少なくありません。 

             内側から見た状態。

          可動式の棚板。

 

新国立競技場のすぐ近くにあるお住い。 3階までの階段は幅70㎝位のラセン式 2つに分けているものの¨超ギリギリ¨  4人がかりの搬入でしたが無理に近いものがありました。 合体する作業は予定通りに終了。 こうした下請けに近い形での制作は初めての事になりますが 普段お客様とダイレクトにコミニュケーションを取りながら極力要望を伺うようにしている創りからすると消化不良気味の感があるのも確かです。 初対面となったお客様は出来栄えに満足していらっしゃいましたが それだけに複雑でした。 

 

 

1 2 3 68